ぬいぬいにゃんこの雑学帖

手芸と猫好き人間による、手芸と猫好きのためのブログ

/

「千鳥がけ」を解説!最強の手まつりをマスターしよう

ぬいぬいにゃんこです。

ブログにお越し頂きありがとうございます。

f:id:nuinuinyanko:20210907220700j:image

 

今回は「千鳥がけ」の解説をしようと思います。

千鳥がけは洋服を一から仕立てるときでもリフォームでもよく使います。

手縫い糸とて縫い針が有ればできるので、覚えておくと「ちょっと裾がほつれた」なんて時に役立ちますよ♪

 

 

千鳥がけとは?

f:id:nuinuinyanko:20210907204334j:image

まつり縫いの一種で、縫い目がクロスしているのが特徴です。

鳥の足あとに似ていることからその名がついたようです。

 

主に裾上げや裏地・見返しの止め付けに使います。

生地の上に糸を渡して止めていくので、しっかり止まります。

 

一昔前は生地端のほつれ止めとしても使われていました。

「昔はね、ロックミシンなんてなかったから端のほつれ止めも兼ねて全部千鳥がけで裾上げしていたのよ」

と職場の一番のベテランさんがこそっと教えてくれました。

 

千鳥がけのやり方

用意するもの

  • 手縫い針
  • 糸(手縫い糸がベストですが、ミシン糸でも可)

 

手順

①生地を二つ折りにします。

ロックミシンをお持ちの方は端にロックミシンをかけておきましょう。

f:id:nuinuinyanko:20210907210336j:image

(今回ロックミシンは省略してます。)

折ったらまち針やクリップで止めます。

 

②まつる

では縫っていきます。

 

※ご注意※

千鳥がけは通常の手縫いとは進行方向が逆になります。

 

右利きの方だと

なみ縫いや他のまつり縫いは右から左に縫っていきますが、

千鳥がけの場合、左から右に縫っていきます。

 

以下右利きのやり方で説明していきますので、

左利きの方は左右を入れ替えてお読みくださいませ。

 

折り上げた布端の内側から針を入れ、

f:id:nuinuinyanko:20210907212125j:image

 

引き抜いたら、

2mm右斜め上(向こう側の生地)の縦の織り目を1〜2本すくいます。

表に縫い目が出ないように注意してください。

f:id:nuinuinyanko:20210907212339j:image

折り上げた布端ギリギリのところをすくうとキレイです。

 

そして針を引き抜き、

手前側の生地をすくいます。

f:id:nuinuinyanko:20210907212648j:image

前の縫い目から5mmくらい離れたところに針をさして、2mmぐらいすくいます。

こうすると糸がクロスした縫い目になります。

 

再び針を引き抜き、2mm右上の向こう側の生地の縦の折り目1〜2本をすくいます。

この流れを繰り返します。

 

千鳥がけし終わったらこんな感じになります。

内側は
f:id:nuinuinyanko:20210907213215j:image

表から見たら

f:id:nuinuinyanko:20210907213422j:image

 

千鳥がけが1番丈夫

洋裁では手縫いは「奥まつり」と「千鳥がけ」を使うことが多いです。

それぞれ用途が違うし、素材による向き不向きがあるので比較するのもどうかとは思いますが、

裾上げに使うなら千鳥がけの方が丈夫です。

 

というか奥まつりより千鳥がけで裾上げする方が楽です(個人的意見です)。

奥まつりだと生地の間を縫っていくので、手前側の生地を少しめくる必要があります。

めくった生地を左の親指で止めておくのがめんどくさいんです(;_;)

 

千鳥がけは生地の上に糸を渡していいので、

生地をめくる必要も指で押さえておく必要もないのです。

縫い目の大きさを揃えないと不恰好になるのでそこだけ気をつけます。

 

かく言う私もちょっと前まで千鳥がけは苦手でした。

千鳥がけで縫わないといけないこと(見返しの止めつけ)が増えて、

嫌々やってるうちに手がやり方を覚えました。

今では通常のまつり縫いの方が苦手です(//∇//)

 

千鳥がけのポイントは

  • 縫い方向が逆(右利きだと左→右)
  • 縫い目に糸がクロスするように縫う

です。

 

千鳥がけでお困りの方の助けになれば幸いです。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました(=^x^=)