ぬいぬいにゃんこの雑学帖

手芸と猫好き人間による、手芸と猫好きのためのブログ

/

【FP2級独学合格】業界人ではない私の勉強法とテキスト類を紹介します。

ぬいぬいにゃんこです。

ブログにお越しいただきありがとうございます。

f:id:nuinuinyanko:20210525193742p:image

毎月の給料から引かれる社会保険や税金。

これらの仕組みを何も知らなくて払いたくなかった私は、FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強をして資格も取りました。

 

FPを取るための学校や通信教育はいろいろありますが、

正直言って独学で合格できます。

というのも私が独学で合格したからです。

 

私のやってた勉強法とオススメのテキスト類をご紹介します。

受検資格の確認!

FP資格は3級から1級まであります。

金融機関や保険会社にお勤めの方であれば、

実務経験でいきなり2級の受検ができます。

FPに関するQ&A | 一般社団法人 金融財政事情研究会

 

そうでない方はまず3級に合格するか、

FP協会認定の講座を受けて期間内に終了する必要があります。

 

私は業界人ではないので、3級から受検していきました。

まぁ2級も3級も勉強内容の8割は同じです(笑)

 

オススメのテキスト&問題集

TAC出版 みんなが欲しかったFP2級シリーズ

 

私もこのシリーズで勉強してました。

程よいカラー刷りで読みやすいです。

重要ポイントはわかりやすく囲んであり、制度の比較は表でまとめてあるので覚えやすいですよ♪

私がやってた勉強法

①テキスト通読の前に問題集をサラっと見る。

まずテキストを全部読みたくなるのが人の性。

そこを我慢していきなり問題集を開きます。

 

問題を解く、というよりは

問題と解説を付き合わせながら見ながら読んでいきます。

 

私はこのときにオレンジのペンで答えと解説の中のポイントとなる部分を書き込んでました。

上から赤シートをかぶせたら書いた字が見えなくなるので、次回から問題ページと答え&解説ページとを行き来しなくてよくなります。

 

答えを書き写すだけでも結構知識がつきます。

 

②テキストを通読する

問題集に答えを書き込み終わったら、テキストを一通り読みます。

 

テキストを読むときのポイントは、「あまり深く考えずに読む」ことです。

業界人ならともかく、初めて足を踏み入れる世界なのですから訳わからないのは当たり前です。

 

「あー、これ問題集に載ってたなー」ぐらいの感じで読み進めていってください。

 

③問題集に戻る。書き込んだ答えを赤シートで隠して問題を解く。

テキストを一通り読んだら、問題集に戻ります。

 

問題集には答えを書き込んでるので、

それを赤シートで隠して問題を解きます。

間違えた問題のページには印を付けたり付箋を貼っていきます。

間違えた問題は解説を読みます。

 

大抵は解説を読めばどこで間違えたのかわかると思いますが、どうしてもわからない場合のみテキストを開きます。

テキストで確認しようとすると、どこに載ってるのか探さないといけないので時間がかかります。

その時間がもったいないです。

 

これを最終的に問題集につけた印や付箋がなくなる(=解けない問題がない)状態になるまで続けます。

 

④過去問を解く

過去問はきんざいもしくはFP協会のHPからダウンロードできるので、それを使うといいです。

 

学科はきんざいとFP協会共通です。

実技は

きんざいでは個人資産相談業務、中小企業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務の4科目あります。

受検する科目の過去問をダウンロードします。

試験問題 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

 

FP協会は資産設計提案業務の1科目のみです。

試験問題・模範解答 | 日本FP協会

 

過去3年分(6回分)解けば大丈夫でしょう。

それより前の分は法改正に対応してなかったりします。

法律って結構頻繁に改正されてるんですよ…

 

こちらもわからなかった問題や解けなかった問題には印をつけていきます。

きんざい・FP協会共に解説は用意がないので、テキストで該当箇所を探すことになります。

が、正直ネットで検索した方が速いです(笑)

GoogleでもYahooでもいいので、

「FP試験 解説」と入れると解説してくれてるサイトがいくつか出てきます。

2級FP過去問解説(1級と3級も解説中!)〜ファイナンシャルプランナー資格の過去問を無料解説〜

FP2級過去問解説 | お金の寺子屋

 

学科は暗記でどうにかなります(笑)

実技は実際に計算式書いて電卓叩いて…としないとなかなか覚えられないと思います。

でも実技は毎回似たような問題が出てます。

その似たような問題の解き方を押さえておけば合格ラインは取れると思います。

 

模擬試験は受けても受けなくてもいいでしょう。

ちなみに私は受けてません。

 

まとめ

FP試験は本屋さんで買ってきたテキストと問題集+HPからダウンロードした過去問を使えば独学でも十分合格できます。

冒頭にも書きましたが、一般人だといきなり2級を受検することができないので、3級から順番に取っていくことになります。

3級の内容だけでも実生活に役立つ知識が身に付きます。

 

興味が湧きましたらぜひ勉強してみてください。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました(=^ェ^=)