ぬいぬいにゃんこの雑学帖

手芸と猫好き人間による、手芸と猫好きのためのブログ

/

プロも使うまっすぐ縫うためのアタッチメント~マグネット定規とステッチ定規~

ぬいぬいにゃんこです。

いつもご覧いただきありがとうございます。

f:id:nuinuinyanko:20210524165125p:image

 

今回は「ミシンで真っ直ぐ縫う」ための便利グッズをご紹介します。

プロでも真っ直ぐ縫うためには様々な道具を駆使してます。

家庭用ミシンでも使えるものは「マグネット定規」と「ステッチ定規」。

それぞれの特徴と使い方をご紹介していきます。

[: contents]

 

 

手芸店で買える、真っ直ぐ縫うためのアタッチメント

 

①マグネット定規

 

その名の通り磁石でくっつくガイドです。針板にくっつけて使います。

f:id:nuinuinyanko:20210524151100j:image

直線になっている方を針側に向けてセットして、直線部分に生地の端を沿わせて縫います。

左右の飛び出している部分はカーブを縫うときに使います。

磁石なので鉄部分にしかくっつきません。

 

 

これは両面テープでくっつけるタイプです。プラスチック部分にもくっつけられます。

 

デメリットは、紐等を挟んで縫いたい時に定規が邪魔になることと生地の中ほどにステッチをかけたいときには使えないことです。

生地の中ほどにステッチをかけたいときは次に紹介するステッチ定規を使います。

 

②ステッチ定規

 

 

押さえに取り付けて使うタイプのガイドです。

f:id:nuinuinyanko:20210524151137j:image

押さえをあげるとステッチ定規も上がるので、紐等を挟みたい時や縫い代の幅が違うものを縫い合わせる時はこっちの方が便利です。

 

押さえに取り付ける棒の長さによって最大ステッチ幅が変わります。

家庭用だと3〜3.5cmまでが多いと思います。

ミシンの機種によっては使えない場合があるのでご購入の際はお確かめください。

※職業用・工業用ミシン用のステッチ定規は家庭用ミシンには取り付けられませんのでご注意ください。

職業用・工業用ミシン用はこちら↓

 

家庭用専用ですが、こちらだと7.6mmまで対応しています。やはり使えるミシンと使えないミシンとがあるのでご購入の際はご確認くださいね。

 

 

私はステッチ定規派です。

私はマグネット定規もステッチ定規も持ってますが、ステッチ定規を使うことが多いです。

直線ばかりガンガン縫うのであればマグネット定規でもいいのですが、

曲線も縫うし紐を挟んでステッチかけたりするのでステッチ定規の方が使い勝手がいいです。

 

マグネット定規だと曲線になったら向き変えないといけないし、紐を挟んだら定規を外さないと紐が定規に引っかかって縫えません。

 

ステッチ定規だとガイドの長さは1cm程度なので曲線を縫うときも沿わせやすいし、

段差があるところを縫う時はガイドを指で少し上にあげておけば邪魔にならず縫えます。

なので先にステッチ定規を揃えるといいと思います(^人^)

 

上にも書きましたが、ステッチ定規は家庭用ミシン用と職業用・工業用ミシン用とありますので買う時は気をつけてくださいね!

 

家庭用↓

 

職業用・工業用↓

 

 

 

まとめ

マグネット定規とステッチ定規は縫製工場でも使われている、プロ御用達のアイテムです。

それが家庭用ミシンでも使えるなら使わない手はないですよね。

私もステッチ定規を使い始めてから作品の質がアップしました!

もう手放せません!!

 

今回はマグネット定規とステッチ定規のご紹介でした。

今回の記事がご参考になれば幸いです。