ぬいぬいにゃんこの雑学帖

手芸と猫好き人間による、手芸と猫好きのためのブログ

/

生地に合わせた針と糸選びの重要性。仕上がりにもミシンの寿命にも影響します。

f:id:mishinhatomodachi:20210113124612j:plain

ぬいぬいにゃんこです。

ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今回は針と糸と生地の関係について、です。

ミシンを買ったときにセットされてた針で何でもかんでも縫おうとしてませんか?

 

実は針と布と糸には深ーい関係があります。

作品の仕上がりにも関わってきますのでお目通しいただければ幸いです。(⌒‐⌒)

 

 

針と糸と生地の関係

言葉で説明しづらいので表にまとめてみました。

f:id:mishinhatomodachi:20210113131906j:plain

#は番数です。

 

針は数字が大きくなると太くなり、

糸は数字が大きくなると細くなります。

 

基本的には

薄い生地+細い針+細い糸、

厚い生地+太い針+太い糸の組み合わせで使います。

 

 

家庭用ミシンで使える針は9~16番、糸は90~30番です。

それ以外の針や糸を使うと自動糸調子機能がうまく働かなかったり、

釜に糸が絡んだりして故障します。

 

家庭用ミシン糸でよく使われているフジックスのシャッペスパンだと、

90番=黄色

60番=水色

30番=ピンク

と糸巻きが色分けされているので番手がわかりやすいです。

f:id:nuinuinyanko:20210605223110j:image

 

糸見本帳を持っておくと便利です。 

 

針は一番使われているオルガン針だと、

9番=青

11番=黄色

14番=赤

16番=黄緑

のパッケージに入ってます。

 

家庭用ミシン針はHA-1という種類です。

 

特殊素材は専用の針と糸を使用

針と糸選びは、生地の厚さだけでなく素材によっても変わります。

 

例えばニット生地。

 

ニット生地は糸を編んで作られています。

これを普通地用の針で縫うと、針先で編み糸を切ってしまい生地がほつれてしまいます。

また、普通地用の糸だとニット生地の伸縮性に対応できず、

生地が伸びたときに糸がブチっと切れてしまいます。

これを防ぐためにニット用の針と糸を使います。

 

ニット用の家庭用ミシン針はHA-1SPです。

糸はフジックスのレジロン。太さは50番のみです。 

 

ほかには革やデニム用の専用針・糸があります。

針と糸と生地のバランスがあってないとこうなる

薄い生地を太い針&太い糸で縫うと縫い目がつれる上に穴ボコボコになりますし、

厚い生地に細い針&糸使うと針折れ・糸切れの原因になります。

最悪ミシン壊します…

 

デザイン上、ステッチを効かせるためにわざと薄い生地に太い糸を使うときもあります。

厚い生地に細い針を使うのは針が折れるので危ないです。絶対にやめてください。

 

まとめ:素材と生地の厚さにあった針と糸選びが大事

以上、生地と針と糸の関係についてまとめてみました。

 

生地にあった針と糸を使わないと、縫いにくいし仕上がりも汚いです。

折れた針が釜に傷をつけたり、自動糸調子機能や自動糸切り機能にも影響がでてミシンの故障につながります…

 

今回は家庭用ミシンの針と糸しか書いてませんが、

職業用ミシン(工業用針使用)でも合わせ方は同じです。

家庭用ミシン針と工業用ミシン針の違いについてはこちら↓

nuinuinyanko.com

 

 

 

 

 

糸と針選びに迷ったら、この記事のことを思い出していただけたら幸いです。

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました(=^・^=)