ぬいぬいにゃんこの雑学帖

手芸と猫好き人間による、手芸と猫好きのためのブログ

/

ペットオーナー検定とは。わんにゃんの飼い主なら知っておくべきことが詰まってます

ぬいぬいにゃんこです。

ブログにお越しいただきありがとうございます。

f:id:nuinuinyanko:20210526201334j:image

今回は「ペットオーナー検定」のお話です。

猫を飼ってる身として、正しい飼い方ができてるのか気になって受検してみました。

 

 

ペットオーナー検定とは?

概要

公益社団法人日本愛玩動物協会が主催する、

犬・猫の飼い主なら知っておきたい正しい知識や大切なことを学ぶための検定です。

ペットオーナー検定

 

犬コースと猫コースと犬猫コースがあります。

テキストは犬コース・猫コース共通で、

試験時は犬コースなら犬に関する部分だけ、

猫コースなら猫に関する部分だけの問題が出題されます。

 

申込み方法・受検方法

インターネットで申込み、代金を支払うと受検票が(テキスト付きコースだとテキストも)送られてきます。

 

テキストで勉強したあと、受検票に記載されているIDを使って専用ページにログインし受検します。

 

試験時間は犬コース・猫コースで40分、

犬猫コースで55分です。

4択試験です。

 

受検票の有効期限は6ヶ月です。受験票に書いてある期日までに受けましょう。

 

受検料

・犬コース・猫コース

(テキスト付き)5500円

(テキストなし)3300円

 

・犬猫コース

(テキスト付き)7700円

(テキストなし)5500円

 

となってます。

(2021年5月21日現在)

支払いはクレジットカードか代引きです。

 

結果発表

試験終了後すぐに結果が画面に表示されます。

合格者には2週間後ぐらいに合格証が送られてきます。

 

実際に受検してみたときのお話

実際に2019年12月に受検し、合格しました。

そのときの実体験を記します。

 

メルカリでテキストを調達

最初は受検する気がありませんでした。

しかし検定でどんなことを勉強するのか気になったので、とりあえずテキストだけメルカリで調達しました。

f:id:nuinuinyanko:20210526202152j:image

 

900円ぐらいで購入したテキストを一通り読んで内容を把握しました。

 

20年以上猫と暮らしてる身にとって、しつけ方や飼い方はすでに知ってることがほとんどでした。

正直受検するか迷ったのですが、猫を語るためには何か資格をもってた方がいいだろうと思い受検することにしました。

 

申込み~受検票到達。ここで思わぬ落とし穴が…

「猫コースのテキストなし」で受検申込みし、クレジットカードで支払いました。

 

約1週間後、受験票が届きました。

 

同封されていたテキスト新旧対照表を見て唖然としました(;゚Д゚)

当時(2019年12月)の最新版は第3版。

私がメルカリで調達したものは初版だったため、研究が進んでいたり法改正等で内容が変わっていました。

しかも結構な量。

 

テキストに赤ペンで訂正内容を書き込み、覚え直し…トホホ(;´д`)

 

これから受検される方は「テキスト付きコース」で申し込むことをオススメします。

2020年6月に改正動物愛護法が施行されているのと、統計の数字が年々変わるので古いテキストだと勉強しずらいです。

 

受検

テキストの訂正&覚え直しがあったので、

受検票が来て1週間後に受検しました。

 

自宅でiPadから専用ページにアクセスして、受検票のIDを入力してログイン。

このあたりは受験票や画面の指示に従えば迷うことはないと思います。

 

猫コースなので、猫に関する部分のみの出題です。

4択問題で、ラジオボタンをポチポチ押して回答していきます。

 

試験時間は45分ですが、すでに猫飼ってる方であれば15~20分ぐらいで回答し終わる問題量でした。

私も20分ぐらいで全部回答し終わり、答えを見直した上で結果を見るボタンを押しました。

 

結果:合格。後日合格証が届く。

結果は合格。

合格してるとこんな画面になります。


f:id:nuinuinyanko:20210521093607j:image

自信はあったけど、合格の2文字を見ると安心しますね(∋_∈)

 

後日合格証も送られてきます。

合格者は「ペットフレンドリーオーナー」の名称を名乗ることができます。


f:id:nuinuinyanko:20210521094051j:image

 

まとめ

これから犬・猫を飼おうとしている方にはぜひ受けていただきたい検定です。

やはり正しい知識や守るべきルールを知らずに飼って近隣トラブルになるケースが多いからです。

 

すでに飼ってらっしゃる方で、自分の知識が正しいのか確認するために受検する方もいらっしゃいます。

 

私も受験してよかったです。

特に改正動物愛護法のことはよく知らなかったのでいい勉強になりました。

 

動物の特性や習性を知り、それにあった飼い方をすることは「飼い主の責務」だと動物愛護法に明記されています。

正しい知識を身につけることは飼い主とペットを守ることにつながります。

 

ペットオーナー検定受検後、さらに勉強したくなったなら同協会が開講している「愛玩動物飼養管理士」を受講してもいいと思います。

私も受講を検討中です。

愛玩動物飼養管理士

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

御参考になれば幸いです。