ぬいぬいにゃんこの雑学帖

手芸と猫好き人間による、手芸と猫好きのためのブログ

/

ポールを持って歩くと運動量2割増し!?ポールウォーキングのススメ

ぬいぬいにゃんこです。

ブログにお越しいただきありがとうございます。

f:id:nuinuinyanko:20210717104601j:image

 

公園でウォーキングしたり、低めの山に登るのが私の気分転換&運動不足解消法です。

この時お供にしているのがウォーキングポールです。

 

今日はポールウォーキングについて語ります!

 

 

ポールウォーキングとは?

f:id:nuinuinyanko:20210717104611j:image

両手に専用のポールを持って行うウォーキングのことです。

 

元々は高齢者・股関節や腰を痛めた人でもできる運動として、整形外科のお医者さんが開発したものです。

その運動効果の高さと手軽さにより、一般の人にも広まりました。

 

ポールウォーキングの特徴

両足と2本のポールの“四足歩行“になり、

体重が分散されて足腰への負担も減るし転倒しにくくなります。

 

ポールを突くために両手も使うので、

肩甲骨あたりも鍛えられて普通のウォーキングより運動量が約20%アップするんです!

 

ポールを突く=腕を振るので、自然と歩幅が大きくなり早く歩けます。

早く歩けるということはその分消費するカロリーも増えるのでダイエットにも効果的なのです(о´∀`о)

 

ノルディックウォーキングとの違い

ポールを使うウォーキングには、ノルディックウォーキングもあります。

こちらは北欧のスキー選手が、夏場のトレーニングのためにスキーのストックを持って歩いていたのが始まりだそうです。

 

「ポール持って歩くんだから一緒でしょ」と言われがちなのですが、

ポールウォーキングとノルディックウォーキングは厳密に言うと違います。

 

違いはポールの先のゴムと歩き方です。

f:id:nuinuinyanko:20210716203525p:image

出典:日本ポールウォーキング協会

 

ポールウォーキングのポールは丸いゴムがついていますが、ノルディックウォーキングのポールについているゴムは斜めにカットされています。

 

これは歩き方の違いによるものです。

ポールウォーキングは地面に垂直にポールを突きますが、ノルディックウォーキングは体の斜め後ろを突きます。

斜め後ろを突くことによる推進力でガンガン歩いていくのがノルディックウォーキングです。

 

ノルディックの方が運動量が多いのですが、

前後に大きくポールを振ることになるので人が多いところではできません。

ポールウォーキングだと、ポールは体の前に突いていくので周りに迷惑を掛けずにウォーキングできます。

めっちゃ混んでるところではポールウォーキングも無理ですが…

 

ポールの入手方法

f:id:nuinuinyanko:20210717104908j:image

専用のポールはスポーツ店・ネット通販・ホームセンター等で売ってます。

 

オススメはやはりスポーツ用品メーカーが出しているものです。

品質の面もありますが、メーカー品だと取替用のゴムの取り扱いがあります。

 

ポール先のゴムって消耗品なので、いずれ交換しないといけない時が来ます。

取替用のゴムだけ売ってるならば、1000円前後で取り替えられるので経済的ですよね♪

ミズノ・シナノが有名です。

 

ミズノは言わずもがな日本を代表するスポーツ用品メーカーです。

ソフトホールドグリップ |ノルディック・ウォーク| ウォーキング│ミズノ

 

 

シナノはスキーのポールのメーカーなので、その技術がウォーキングポール作りにも生かされています。

初めてのポールウォーキング・初心者向け、カジュアルスタイルのウォーキングポール はじめてセットなど | 総合ポールメーカー 株式会社シナノ

 

 

今私が使っているのはミズノのものです。

実は私が最初に買ったポールは近所のホームセンターで1980円で売って無名メーカーのものでした。

続くかわからなかったから、とりあえず安いものでと思ったんですよね。

 

実際それで歩いてみたら、グリップ部分が手に食い込んで痛くなりました(;_;)

ポールの長さを調整する部分がすぐに緩んでポールが短くなってたこともしばしばありました。

 

「あ〜、やっぱりちゃんとしたメーカーのものが欲しい」と思って、

某フリマアプリを覗いたところ出品されてたのが今のポールです(笑)

 

やはりスポーツ用品メーカーが作ってるだけあって、

グリップも握りやすいし、替えゴムもあります。

ポールの連結部分はたまーに緩みますが…(^_^;)

最初に買ったポールのままだったらウォーキングが続いていなかったかもしれません。

 

 

まとめ

普通のウォーキングより楽に歩けるのに、運動量は増えちゃうポールウォーキング。

1日15分するだけでメタボ対策になります♬

 

私は常にポールとスニーカーを車に積んでます。

仕事帰りや出先で広い公園を見つけて「歩きたいなー」と思ったらポールウォーキングしてます。

 

専用ポールが少し高いのが難点ですが、一度買えばそうそう壊れるものではないので元は取れると思います。

運動不足解消のためにポールウォーキング始めてみませんか?

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました(=^x^=)