ぬいぬいにゃんこの雑学帖

手芸と猫好き人間による、手芸と猫好きのためのブログ

/

【経験談】ミシンをテキトーに買ったら安物買いの銭失いになった話

ぬいぬいにゃんこです。

 ブログにお越しいただきありがとうございます。

f:id:nuinuinyanko:20210526205225j:image

今回は私の経験談です。

 

安いミシン買ったら使いにくくて買い換える羽目になったっていうお話です。

最初からそこそこのお値段するミシンを買った方がいいです。

 

ボタンホール専用ミシンとして家庭用ミシンを買った

普段は職業用ミシン+4本糸ロックミシンを使っています。

職業用ミシンは直線専用なのでボタンホールが開けられません。

ボタンホール用のアタッチメントを使うか、

家庭用ミシンのボタンホール縫いを使います。

 
家庭用ミシンを使う方が簡単・綺麗なので
ボタンホール専用に家庭用ミシンを買いました。
 
家庭用ミシンはボタンホール用の押さえに使うボタンをはめてスタートボタンを押せば、
自動でボタンの大きさに合ったホールを開けてくれるのです。
 
ボタンホールにしか使わないから安いのでいいや、と
よく調べないまま近所の手芸店で19800円で売ってたものを買いました。 

 

 

 

段差で突っかかって縫えない!ちゃんと調べて4万円台のミシンに買い替えた

 

19800円ミシンでは段差が縫えませんでした。

 

私がよく作るのはシャツやブラウスです。

シャツやブラウスでボタンホール開ける場所は台襟の先、前たて、袖のカフスです。

そこらは縫い代が重なってるので段差があります。

その段差が乗り越えられずに同じところを縫い続け、糸がらみを起こして止まるミシン。

 

糸がらみ起こすと生地をミシンから外すのも大変だし、絡んだ糸を解こうとして生地を痛めたりします。

ボタンホールなんて最後の仕上げの行程です。

そこで失敗したらすべてが水の泡。

 

簡単に綺麗に縫うために買ったのに使いづらくてイライラし、

段差があってもボタンボールが綺麗に縫える機種をリサーチして、

そちらに買い替えました。

49800円しましたが、きちんと調べて買ったのでストレスなく使えてます。

 

最初からこのミシン買っとけば、

19800円使わずに済んだわけです。

 

[個人的見解]値段別のミシンの使い勝手

自分で買ったものもあれば借りて使ったものもありますが、

1万円台から15万円台のいろいろなミシンを使ったことがあります。

 

やはり性能は値段相応です…

 

1~3万円 正直言って子供のおもちゃレベル。

3~5万円 小物や簡単な服は作れるレベル(厚地は厳しい)。

5~6万円 ジーンズの裾上げがしたいなら最低でもこの価格帯。

7~8万円 洋服を作るのであればこのくらい出して欲しい。

9万円~  確かに性能はいい。しかし家庭用ミシンは家庭用ミシン。職業用ミシンを買った方が使い勝手が良い。

 

注)あくまで個人的見解です。

 

安売りのミシンで「デニムの◯枚重ねも楽々縫えます」とアピールしてるのを見かけるんですが、騙されちゃダメです。

安いミシンでも最初のうちは厚地もどうにか縫えるんですが、モーターや可動部にかなりの負荷がかかりますので早いうちにミシンが壊れます。

 

まとめ:初心者さんほどいいミシンを買おう

 続くかわからないから安いもので、という気持ちはわかります。

 

先に述べた通り値段は性能に比例します。

初心者さんにはまず縫う楽しさをわかって欲しいので、

お利口さんなミシンを相棒に迎えてほしいです(о´∀`о)

 

何回も言いますが、最初からいいミシン買っとく方が使いやすいし長続きします。

私みたいに安物買いの銭失いにならないでくださいね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました(^○^)